補助金・助成金マニュアル | 中小企業向け一覧やまとめ

中小企業経営者や個人事業主の方が、「助成金」や「補助金」を活用してより事業を推進できるよう情報を集めました。

補助金と助成金を組み合わせて連携する| 個人や中小企業におすすめ施策

person showing to people the Mashroom6 signage inside room

 

補助金助成金の連携によって得られる効果

補助金助成金は、それぞれ利用しても十分メリットがありますが、組み合わせることでさらに大きなメリットになります(これをシナジーと呼びます)。

このシナジーとは絶対的にもらえる金額という面だけではなく、様々なサポートを含めた最大価値が大きくなるという話です。

どうやって連携すればよいか

補助金」や「助成金」をひとつひとつ別のものとして認識するのではなく、両方をひとつのものとして認識しましょう。

その軸となるのが、会社の経営方針です。会社が目指す姿を軸にすることによって、いくつかの助成金補助金が該当していくことがあります。

補助金助成金の連携の具体例

会社をおこしてするのウェブ開発会社Aを例にしましょう。

A社は、自社サービス(ウェブ制作業務)をPRするために、「小規模事業者持続化補助金」を活用して、広告やチラシなどの広告費用に当てようと思いました。

しかし、そもそも人手不足のA社では、販促活動に関して専門的に業務を行える人材がいません。

なので、「業務改善助成金」によって社内の人手不足を解決する設備投資や、「IT導入補助金」によってクラウドサービスを導入、あるいは「人材開発支援補助金」を使ってPR活動に関するセミナーを受けることにしました。

 

・・・

 

といった形で、補助金を導入するにしても、それを実施できる人材育成や業務改善を行うために、助成金を活用して行くという使い方が検討されます。

 

補助金助成金は、ただの「お金」ではありません。

それぞれを足し算ではなく、掛け算として考え、「補助金」をより効果的に使うために、「助成金」を活用していくような考え方が良いかと思います。